小麦アレルギーには和食

牛乳やタマゴ、ダイズと並んで、アレルゲンになりやすいとみなされている、小麦。乳幼児から小麦アレルギーの人はもちろん、成人してから小麦アレルギーを発症する人も多いことが言われていますから、誰でも油断は禁物です。普段から小麦製品ばかりに偏った食事をしないこと、不安があったら血液検査などで調べてもらうことを意識しましょう。

 

小麦アレルギーになってしまったら、食事からは当然、小麦を抜きます。パンやパスタ、ケーキにクッキー、餃子、ピザなども控えなければなりません。というと、食事が不自由になる! と感じてしまう人もいるかもしれませんが、日本人が古くから食べ続けてきた和食なら、カンタンに小麦製品を控えることが出来るんですよ。

 

和食の基本や米やイモ類、豆類です。そのため、和食を三食きちんと食べていれば、パンなどの小麦製品を摂取しなくても、身体に必要な炭水化物はしっかりととることができます。身体を動かしたり頭を使ったりするのが困難になるということはありません。しかも和食は、パン食やピザのように過剰な油脂分を必要としません。そのため、腸内環境が整って免疫力が上がり、アレルギー症状も出にくくなることが期待できます。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る