小麦アレルギーの症状

食物アレルギーの要因なるアレルゲンで卵・乳製品の次に小麦と多くなっています。

麺が好き

小麦は日常生活にも摂取することが多く、意外に小麦アレルギーが多いようです。
小麦に含まれるグルテン(たんぱく質)や分解された成分に反応しアレルゲンが体に侵入するとアレルギー症状が出てくるのです。

 

小麦アレルギーの症状は蕁麻疹、喘息、胃腸炎などがありますが、皮膚の症状としては、赤い発疹や蕁麻疹、まぶたの腫れ、かゆみも出てきます。小麦を摂取した後で、運動したり、入浴することで誘発されるのが特徴です。これをアナフィラキシーといいます。

 

アナフィラキシーの症状としては吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、呼吸困難、血圧低下、めまいや手足の冷たさなどが現れ、ときにはアレルギー症状のためにショックを起こし、意識不明になることもあります。

 

アレルギー症状が発症した場合には抗ヒスタミン薬やステロイド、エピネフリンなどが、程度によって使われます。アレルギー症状が強いときは小麦を控えることが必要ですが、落ち着いてきたら、少しづつ食べ、食後は運動や入浴は控えることが大切です。
また飲酒や解熱剤などでも誘発されやすいので服用は控えましょう。

 

大豆100%の麺「ソイドル」でラーメンやうどん、パスタの替りに食事を楽しむことができます。
ソイドルをうどん風にして食べてみました⇒コチラ