小麦アレルギーと給食

さまざまな化学物質や食品添加物が蔓延している現代社会において、母親の胎内にいるときから何らかのアレルギー体質になって生まれてくる子どもは多くいます。また、親やそのまた親の代から引き継ぐように、遺伝的に食品アレルギーを持っている子どもたちもたくさん。そのため、乳幼児のための食品には、アレルゲンとなりやすい卵や牛乳、小麦、ピーナツなどの使用を抑えたものが多数市販されているのです。しかし、自宅でものを食べさせている限りにおいては、そのようなアレルギー対応食品だけを与えることができますが、就学してしまうとそうもいきません。学校では、皆で同じ給食を食べるということに意義が見出されているためです。給食にはごはんの日もあればうどんやパスタ、パンの日もありますから、特に小麦アレルギーの子どもには困ってしまいますよね。そんなときは、就学前に必ず担任教師を通じて小麦アレルギーの旨を栄養士などに伝えておくようにしましょう。現在では厚生労働省からも、各学校に対してアレルギー生徒への配慮を求める通達が届けられていますから、小麦パンを米粉パンに変更するなどその都度対策を考えてくれる学校がほとんどになっています。

 

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る