小麦アレルギーは外食時に注意

小麦アレルギーの場合には、外食は非常にリスクと危険が高くなる場所と言えます。

 

外食でメニューを選ぶ際にはアレルゲンの原因になる食品が使われていないか、確認することが必要です。
最近ではアレルゲンに対応したメニューや前日までの予約で全アレルギーに対応してくれるレストランやアレルゲン対応メニューのカフェも増えてきました。
自然食品の和食やイタリア料理も味わうことができます。
子供たちと一緒に外食を楽しみたいと思うものですよね。

 

アレルギー症状におすすめ 家での食事でオススメなのが小麦フリーの食品。
原料が大豆100%の麺「ソイドル」なら
ラーメン、うどん、焼きそばやパスタの替わりに使用することができます⇒⇒ 詳細はこちら

 

全国チェーンのファミレスでもアレルギー対応のメニュが用意されているようです。
ココス、ロイヤルホスト、ガストなど低アレルゲン(卵・乳・小麦不使用)のお子様プレートがあります。
少しずつですが、アレルゲンに対して対応してくれるお店が増えているようです。
一般のレストランやカフェなど、なかなかメニューも見ても完全に小麦が使われていないかどうかもわかりませんし、調理場でアレルゲン食品を使うことで混入してしまうこともあるので注意が必要です。

 

外食をする時には、アレルゲン対応のしっかりしたレストランやお店を選ぶことが大切です。しかし意図しなくて、アレルゲン物質が混入してしまうことが無いとはいえません。何かあったときのために、薬を持参するなどして注意しましょう。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る