小麦アレルギーとビール

食品アレルギーとは、特定の食材を食べたり匂いを嗅いだりしたときに、体が拒否反応を起こして嘔吐や頭痛、発疹などが引き起こされる事をいいます。

 

その対象は人それぞれで、しかも、遺伝で乳幼児の時期からアレルギー反応が現れるほか、子どもの頃から連続して食べ続けたものがいつしか体内で飽和量に達してしい、大人になってから発症することもあります。

 

代表的なアレルギー対象としては、牛乳、タマゴ、ダイズ、小麦、エビ、カニ、そば、ピーナッツが挙げられます。
この中で、小麦のアレルギーの人は、パンやうどんといった炭水化物を控えなければなりませんが、同時に忘れてはならないのが、ビールと言う存在です。

 

基本的にビールの主原料は、大麦麦芽です。
しかし、多種多様なビールが販売されている現在、大麦に小麦を混ぜてあるものや、小麦麦芽が主原料となっているビールも多く存在しています。そのため、小麦アレルギーの人がビールを飲むと、アレルギー症状が出てしまう可能性があります。

 

微量であれば問題なかったとしても、何杯も飲んだり、連日のみ続けたり、また、ビールと一緒にトーストなどを食べたりしたときに、体内にはいる小麦の量が一定数をこえてアレルギー症状を引き起こす危険性は高くなります。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る

-