小麦アレルギーは大人になると治る

小麦アレルギーは大人になると治ることが多いと言われています。ただしこれは乳幼児における小麦アレルギーについてだけです。治し方としては、ひたすらアレルゲンである小麦を避ける生活を続け、胃腸の発達を待ちます。胃腸が発達した後であれば、自然と小麦を解禁してもアレルギー反応が起こりにくくなるのだそうです。完治までいかないにしても、少量であれば食べられる程度までになる子どもが大半だとされています。しかしもちろん個人差があるので無理をしてはいけませんし、過度の期待も禁物です。逆に大人になってから小麦アレルギーを発症すると、治すことは非常に困難だと言われています。治すということは考えず、小麦製品を避けるほうに力を入れたほうが有意義だとする意見があるほどです。乳幼児に多いアレルギーは牛乳や卵、大豆のようですが、成人以上になってくると小麦アレルギーの発症率が断然高くなるという報告を見つけることもできました。アレルギーについては未だによく分かっていない部分が多く、何をどう気を付けたほうが良いと具体的に言うことはできませんが、知識を持っておくだけでも十分役に立つと思います。