ダイエットの停滞期中にすること

どんな人でも、ダイエット中には停滞期にぶつかるもの。これはホメオスタシス効果と呼ばれる、人体が命を守るために代謝をセーブさせる機能によるものなので、誰にでもあって当たり前の現象です。それまで順調に減っていた体重が急に横ばいになってしまったと思ったら、体が変化を受け入れるまえに調整期間に入ったと認識してみましょう。この停滞期は、一定期間続くのですが、そこを乗り越えて体が命の危険を回避できたと感じられれば、また体重は減少していくのが普通です。停滞期にぶつかってしまったからといってそこでダイエットをあきらめてしまったり、はたまたより過激なダイエットに走ったりするのはご法度です。どちらも体に負担をかけ、リバウンドや疾病の可能性を引き上げてしまいます。ダイエットの停滞期は、ダイエットの小休止期間だとおもって、今までより緩い、しかしちゃんとしたダイエットを続けるのがべストです。食事の量を極端に減らしていた人は、もう少し増やして、でもダイエット開始前よりは少し少な目を保つとか、運動をたくさん行っていた人はその頻度を減らしてみるとか、ほんの少しダイエットの負荷を緩めてあげると、体が安心するので、停滞期が終わっていきます。