遅発性食物アレルギーとは

ある食べ物を摂ることで、激しい症状が現れるわけではなくてもなんとなく体調が優れない、と感じることがあるでしょうが、こういった経験がある方は遅発性食物アレルギーの可能性があります。
症状としてはめまい、全身疲労感、にきび、いらいら、無気力、花粉症、集中力低下、ぜんそく、アトピーなどがありますが、これらの症状は普段好んで食べているものに原因があることがあります。
遅発性食物アレルギーは2時間から数週間後に症状が現れることがありますが、命に関わるような重い症状が現れることはほとんどありません。
症状が現れるまでに結構時間がかかりますし、頭痛や肩こり、めまいなどの体調不良の症状しか出ないために、ただ具合が悪いだけ、と片付けられてしまうことが多いです。
遅発性食物アレルギーは症状が現れるまでに時間がかかりますので、原因の食物とその症状との関わりについてわかりにくい特徴があります。
最近では、いろいろな健康障害にこの遅発性食物アレルギーが関わっているのではないかとされており、好んで食べているものに原因があることが多いとされています。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る