食物の交差汚染

食物の交差汚染とは、食中毒予防の三原則である病原菌を付けない、排除する、増やさない、の中の病原菌を付けないの代わりに反対につけてしまうことです。
汚染度が高いものが汚染度の低いものに触れることよって起こり、特にそのまま食べられる食品や加熱済みの食品による食中毒の原因がこの交差汚染だとされています。
食物の交差汚染は食品を扱う会社の従業員によって起こることもあり、加熱前の材料に接触した従業員が加熱した後の材料を扱うことによって食品が汚染してしまいます。
これを防止するには、人の動線が交差することのないように工場の中を清潔度によって区画し、機械設備を置くことが大切です。
食物の交差汚染を防ぐためには、汚染されたものを触った手や指、服は洗ったり着替えたりすることが大切です。
また、食品や原材料から汚染することも考えられるため、生鮮食品を調理、貯蔵、陳列する際には生の原材料や中間製品によって調理済食品に汚染が拡大しないように離しておかなければなりません。
食物の交差汚染を防ぐためには、冷蔵庫や保管庫は食材ごとに容器などに入れて仕切って保管すべきです。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る