小麦の種類

うどんにパスタ、ピザ、肉まん、てんぷら、お好み焼き、クッキー、ケーキ・・・・・・現代社会に生きる私たちの身の回りには、小麦粉を使用した食品群が溢れています。しかし一口に小麦粉といってみても、実はその種類はさまざまだと言うことを知っていましたか。小麦粉の種類は、小麦の種類によって分かれていて、うどんやケーキなどの小麦粉加工食品は、それぞれの小麦の特徴をいかした小麦粉を使って作られています。小麦の種類は主に四つ。違うのは、タンパク質の質と量です。硬質小麦は、タンパク質が最も多い小麦で、粘りがあり、弾力性に富んでいます。パンやラーメンの麺などに使われることが多いです。中間質小麦は、それより若干タンパク質が劣る小麦です。もう少し柔らかめで、うどんなどに適しています。軟質小麦は、タンパク質が少ないので、ケーキなどスイーツに活用されたり、てんぷら粉として販売されたりも。それ以外に、日本ではほとんど生産されていませんが、デュラム小麦というものもあって、これは主にパスタに使われています。グルテンが豊富なので強いコシのある麺を作ることができます。市販のスパゲッティやマカロニは、ほぼ百パーセントデュラム小麦で作られています。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る