アレルギーは遺伝 

親のどちらか片方、もしくは両方にアレルギーがある場合に、子供に同じアレルギーが遺伝する可能性は高いと言われています。アレルギーとは、同じアレルゲンに接触しても体が反応しない人も大勢いる中で、体がそのアレルゲンに過敏反応を起こすことを言います。環境と遺伝の要素が合わさって発症するのがアレルギーですから、もともと遺伝要素がある人はそうでない人と比較するとどうしてもアレルギー発症のリスクはあがってしまいます。父母ともにアレルギーがある場合は半分の確率でアレルギー遺伝するとされ、母親だけにアレルギーがある場合、その子供に遺伝する確率は三割だと言われています。父親だけアレルギーがある場合はそれよりもアレルギー遺伝の確率は低くなることが多いようです。どうしても母親側のアレルギーが遺伝しやすくはありますが、必ず遺伝するということではありませんので、あまりに気負い過ぎないようにすることが母子の健康のためにも大切です。両親ともにアレルギーがない場合でも、食事や環境によってはアレルギーが発症する場合もあります。

 

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る