小麦/その他アレルギーについて記事一覧

うどんにパスタ、ピザ、肉まん、てんぷら、お好み焼き、クッキー、ケーキ・・・・・・現代社会に生きる私たちの身の回りには、小麦粉を使用した食品群が溢れています。しかし一口に小麦粉といってみても、実はその種類はさまざまだと言うことを知っていましたか。小麦粉の種類は、小麦の種類によって分かれていて、うどんやケーキなどの小麦粉加工食品は、それぞれの小麦の特徴をいかした小麦粉を使って作られています。小麦の種類...

ビールの主原料としておなじみの大麦と、うどんやパスタ、パンなど主食を中心にさまざまな加工食品の原料として使われている小麦。よく似た名前をもつ二つの麦ですが、単純に粒が大きい小さいという違いで識別されているわけではありません。そもそも、大麦も小麦も、粒の大きさ自体はほとんど変わらないのです。大麦が大麦と呼ばれているのは、成長途中の段階が、小麦と比べて大きく見えるためです。葉自体は小麦より短めですが幅...

食物の交差汚染とは、食中毒予防の三原則である病原菌を付けない、排除する、増やさない、の中の病原菌を付けないの代わりに反対につけてしまうことです。汚染度が高いものが汚染度の低いものに触れることよって起こり、特にそのまま食べられる食品や加熱済みの食品による食中毒の原因がこの交差汚染だとされています。食物の交差汚染は食品を扱う会社の従業員によって起こることもあり、加熱前の材料に接触した従業員が加熱した後...

現在、アメリカを中心にその患者数を急激に増やしている病気、セリアック病をご存知ですか。セリアック病とは、小麦粉に含まれるタンパク質の一種、グルテンを、身体が毒であると誤認してしまう自己免疫疾患の一種のこと。セリアック病自体は古代ギリシャの時代から存在していたことが文献により分かっていますが、その患者数が劇的に増えその名前が広く知られるようになったのはここ数年のことだといいます。セリアック病になって...

ある食べ物を摂ることで、激しい症状が現れるわけではなくてもなんとなく体調が優れない、と感じることがあるでしょうが、こういった経験がある方は遅発性食物アレルギーの可能性があります。症状としてはめまい、全身疲労感、にきび、いらいら、無気力、花粉症、集中力低下、ぜんそく、アトピーなどがありますが、これらの症状は普段好んで食べているものに原因があることがあります。遅発性食物アレルギーは2時間から数週間後に...

親のどちらか片方、もしくは両方にアレルギーがある場合に、子供に同じアレルギーが遺伝する可能性は高いと言われています。アレルギーとは、同じアレルゲンに接触しても体が反応しない人も大勢いる中で、体がそのアレルゲンに過敏反応を起こすことを言います。環境と遺伝の要素が合わさって発症するのがアレルギーですから、もともと遺伝要素がある人はそうでない人と比較するとどうしてもアレルギー発症のリスクはあがってしまい...

アレルギー対応食品とは、食べ物に関してアレルギーを持っている方のために作られた食品のことを言います。アレルギー対応食品は店頭はもちろんのこと、通販でも手に入れることができます。アレルギー対応食品を扱っているお店は、食べ物にアレルギーを持っている方やお子さんに安心して安全で美味しい食品を食べていただきたい、と考えるところが多いです。あるお店では、店頭にアレルギー対応食品を並べるだけでなく、隣にアレル...

5大アレルゲンである小麦・米・大豆(油)・牛乳・卵、それにえび・かに・落花生・蕎麦などを入れずに作られたのがアレルゲン除去食品と呼ばれています。食物アレルギーは重篤になると命の危険を伴い、普段の食事にもかなり気を遣わなければなりません。子供の場合は給食を特別メニューにしてもらう必要がある場合もあります。家でご飯を作る保護者もはらはらしながら生活しなければなりませんが、そんな時に大助かりなのがアレル...

小麦が入ってる食べ物を知ることは、小麦アレルギーをお持ちの方にとっては死活問題だと思います。そもそもアレルギーがなくても小麦という外国よりもたらされた食品は我々の体にとってはまだまだ新しい食品であり、消化器官への負担は意外と大きいのです。パンやパスタ、クッキーなどは分かりやすいですが、小麦が入っていることが分かりにくい食べ物というのも存在します。たとえばカレーやシチューもそうです。ルーを使わずに作...

大麦と小麦、似ているようで異なるこの二つを見分ける方法はどのようなものがあるのでしょうか。まず外観でチェックしてみましょう。栽培されている時に大麦の穂は小麦よりも低い位置にあります。どちらかというと大麦の方が穂が短くぎゅっと密集しているように見えます。小麦の葉の中央には一本筋がありますが、大麦にはこの筋がないという特徴もあります。茎に節があるのも小麦の特徴です。そのため、麦わら帽子の材料にするのは...

一言で麦といっても様々な種類のものがあります。大麦と小麦というのは中でも良く名前を聞くことがある麦だと思います。大麦と小麦はもしかしたら粒の大きさが違うだけなのでは?と思っている人もいるかもしれませんが、実は粒の大きさ自体にはほとんど変わりがありません。でも、大麦は麦とろなどご飯と同じように主食として食べることが多いのに対して、小麦は小麦粉をはじめとして粉にひいてパンやうどん、クッキーといった食品...