小麦アレルギーの悩み

牛乳やタマゴと同じく、食物アレルギーの対象の一つとしてよくあげられるのが、小麦です。小麦を加工した食品などを食したとき、あるいはそういったものを摂取したあとで運動をしたりアスピリン製剤を服用したときに、発疹やかゆみ、嘔吐、頭痛、寒気、息切れなどの症状がでることを、小麦アレルギーと呼んでいます。小麦アレルギーは一般的に、乳幼児から小学生までの児童に起こりやすいものといわれているのですが、近年では成人してから小麦アレルギーを発症してしまう人も増えているといわれています。小麦アレルギーの原因は、小麦粉に含まれているタンパク質のグルテンであることがほとんどで、小麦アレルギーが判明したら、とにかくこのグルテンを避けるようにしなければなりません。しかし小麦粉およびグルテンを使用した食品は世の中にたくさんあり、自炊でも外食でも、これらを避けて生活するのはなかなか困難で、それが小麦アレルギーの人にとってはとても重大な悩みとなっているようです。ケーキやクッキー、餃子、てんぷらなどは意識的に避けられても、カレーのとろみづけなど、見えないところに小麦粉が使用されている
場合にはあらかじめそれを避けるのが困難だからです。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る