小麦アレルギーの皮膚検査

小麦アレルギーの皮膚検査について説明します。アレルギーの検査の中に皮膚検査があります。
スクラッチプリックテスト、皮内テスト、パッチテストなどです。

 

原因となる食物を皮膚に直接注入したり、貼りつけたりすることで陽性反応があるかどうか検査します。
小麦アレルギーは大人になってから突然発症することも多いです。小麦アレルギーの皮膚検査のスクラッチプリックテストは、専門科でないと検査ができないことが多いです。1回の皮膚検査で十種類以上のアレルギーを検査することができます。検査自体は比較的安全ですから乳幼児でも受けることができます。

 

腕の内側に傷をつけて、アレルゲンエキスを垂らして検査します。小麦アレルギーの皮膚検査の皮内テストは、針で注入して、湿疹が出るとアレルギーと判断されます。パッチテストは、皮膚にアレルギーとなる物質を貼りつけて2日〜3日後に赤くなるか検査をします。

 

小麦アレルギーの皮膚検査は他にもあります。少しでもおかしいと思ったり、体調の変化を感じたら自分で判断せずに専門病院を受診して皮膚検査などを行って診断してもらいましょう。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る