小麦アレルギーと遺伝

症状の度合いによっては命にも関わることからアレルギーを取り上げた健康番組なども多く、アレルギーでない人にも症状などが認知されるようになりました。
そんなアレルギーの中でも小麦アレルギーは他のアレルギーよりも食べることが出来ない製品などが多く大変だといわれています。
パンや揚げ物などの食品だけでなく、小麦は様々な製品に使われており、それらを避けて生活しなければならないため大変さは想像に難くないですよね。
そんな小麦アレルギーですが、両親のどちらかが小麦アレルギーであった場合、その子供には遺伝するものなのでしょうか。
今回は小麦アレルギーと遺伝について調べてみました。
調べてみると小麦アレルギーだけでなくアレルギーは遺伝することが分かりました。
アレルギーの遺伝率は両親ともにアレルギーであるとその子供がアレルギーになる確率は50%ほどです。
一方がアレルギーである場合は30%、両親共にアレルギーではないが子供がアレルギーになる確率は10%ほどとされ、アレルギーは遺伝率が高いといわれています。
小麦アレルギーも、それ以外のアレルギーもどうやら遺伝しやすいものであるようです。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る