小麦アレルギーの負荷試験

小麦アレルギーの負荷試験は、小麦アレルギーなのかどうかを検査する方法のひとつで、信頼性が高い検査と言われています。小麦アレルギーの負荷試験で、アナフィラキシーという急性アレルギー症状を起こす危険もあります。過去に発作を起こした人は受けられないようですが、何年も経過して起こしてない人は受けられることもありますが注意が必要になります。小麦アレルギーの負荷試験は、オープン試験法と二重盲検法があります。少しずつうどんなど小麦食品を食べて検査を行います。小麦アレルギーの負荷試験を行うことで、ダメだと思いこんでいた食品が食べられるかもしれないということがわかります。血液検査だけではわからないので、ここ数年は負荷試験を行われるようになってきました。小麦アレルギーの負荷試験を行わないと、極端に食事制限を行うしかなくなります。小麦製品がどこまで食べても大丈夫なのかがわかると、食生活がガラリと変わります。すべての医療機関で負荷試験が行われるようになると良いと思います。一切除去をするのではなく、食べられるものがあるとわかれば精神的負担も減ると思います。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る