茶のしずく石鹸で小麦アレルギー発症

近年、乳幼児のアレルギーだけでなく、成人してから発生するアレルギーが注目を集めています。化学物質や食品添加物にまみれた現代生活の中で、体内の免疫機能や異物反応が異常をきたし、ある日突然それまで大丈夫だった成分に過剰に反応する身体になってしまうというのは、よくある話なのだといいます。とりわけ多いのが、小麦に対するアレルギーで、パンやパスタ、うどんを食べて発疹が起こるようになったり、単体での摂取ではなんでもないのに、そのあと運動をしたりアスピリン製剤を服用すると途端にアレルギー反応がでたりするケースも多いのだそう。さらに最近大きなニュースとなったのが、洗顔石鹸にふくまれる小麦成分でアレルギー症状がでてしまったというケースです。長年小麦製品を食べても大丈夫だった人が、小麦を成分に含んだ茶のしずく石鹸を洗顔に使用したところ、突然激しい呼吸困難に襲われたり発疹やかゆみに襲われたりした、というこの事例。原因は茶のしずく石鹸に含まれる小麦のタンパク加水分解物だったそうですが、この成分はこれまでは安全性に問題のない成分として、他の多くの化粧品にも使用されてきたものであり、このたびの茶のしずく石鹸の事件で初めて、その危険性が明らかになって厚生労働省からの注意が呼びかけられるようになりました。

 

小麦アレルギーの人にオススメなのが小麦フリーの食品!

 

大豆100%原料の麺「ソイドル」の詳細についてはこちら⇒ トップページへ戻る